なぜ、ディズニーランドにスターウォーズ? ジョージルーカスとの関係

トリビア

なぜ、スターウォーズ? ディズニーとジョージルーカスの関係とは?

「ディズニーランド」のアトラクションと聞くと、「ピノキオ」「シンデレラ」「モンスターズインク」「スティッチ」など、おなじみのファンタジー作品がもととなったアトラクションを思い浮かべる方が多いと思います。

そんな中、「えっ、ディズニー?」と一瞬考えるアトラクションがありますよね。

それが『スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニュー』です。

「スター・ツアーズ」はジョージ・ルーカス監督の代表作である映画「スター・ウォーズ」がベースになっているのはみなさんもご存知だと思うのですが、同時に「なぜ、スター・ウォーズがディズニーランドにあるの?」と思われる方も多いはず。

そこで、今回はスター・ウォーズとディズニーの関係について書いてみようと思います。

ピクサーとジョージ・ルーカス

映画「トイ・ストーリー」「バグズ・ライフ」「ファインディング・ニモ」などのヒット作でおなじみのアメリカの映像制作会社「ピクサー」。

いまや、ディズニーアニメの代名詞とも言えるアニメスタジオですが、実はジョージ・ルーカス率いる「ルーカスフィルム社のコンピュータ・アニメーション部門(1979)」がその前身だったのはあまり知られていないのではないでしょうか?

その後、スティーブ・ジョブズらの買収を経て、2006年からウォルト・ディズニー・カンパニーの完全子会社となったピクサーですが、もともとはジョージ・ルーカスがピクサー社長のエド・キャットマルを雇い入れ設立したアニメーション部門に由来していたのです。

ジョージ・ルーカスとキャプテンEO

さて、2014年6月まで運営されていたマイケル・ジャクソン主演の「キャプテンEO」

マイケル・ジャクソンの人気が最高潮だった1986年にエプコットに導入されたこのアトラクションの制作総指揮もジョージ・ルーカスが勤めました。

これは、元ウォルト・ディズニー・カンパニー最高経営責任者のマイケル・アイズナーからの依頼や、マイケル側の指名により実現したものですが、このアトラクションをきっかけに「スターツアーズ(1987)」や「インディー・ジョーンズ・アドベンチャー ~クリスタルスカルの魔宮~(1995)」を手掛けることなったそうです。

ジョージルーカスとディズニーランドの関係

このようにジョージ・ルーカスとディズニーの関係は深いわけですが、もしジョージ・ルーカスがアニメーション部門を設立しなければ「トイ・ストーリー」などの名作が生まれなかった可能性もあると言うわけですから”縁”って不思議ですよね。

そして、ルーカス・フィルム社は2012年にディズニーが買収、初のディズニー制作による「スター・ウォーズ・フォースの覚醒(エピソード7)」が2015年12月18日に公開されるのを受けて、ディズニーランドとシーのリーフレットには映画の予告が印刷されていました。

「なぜ、スター・ウォーズがディズニーランドに?」と疑問に感じた方も多いと思いますが、実はこのような関係があったわけです。

画像タイトル解説amazon
ピクサー早すぎた天才たちの大逆転劇ディズニーを解雇されたラセター、ルーカスフィルムに見限られたキャットムルらは、いかにして世界一のCGアニメスタジオに成長させたのか?amazonでチェックする
ピクサー流創造するちからピクサー創業者でディズニーアニメーションのトップ「キャットムル,エド」が、その内側を惜しみなく公開!amazonでチェックする
ディズニーの魔法「シンデレラはガラスの靴を履いていない!?」 魔法の裏側が"今"明かされる。amazonでチェックする
図解ディズニーの経営戦略早わかりしたたかに計算しつくされた「空間」の魔法。「夢の国」のつくり方とは?amazonでチェックする




Profile

Disney大好きの仲良し姉妹みゆ&みさです♪
このサイトでは家族旅行のときに役立つ情報をサービス業マネジメント職出身で生真面目な理系パパが解説していきます。ただ、ビジネスライクのパパなので現実目線の記事も混ざりますのでご容赦を…

免責事項

●このサイトでは家族旅行を楽しむことを目的として、個人の私見・体験談・インターネット上の情報を中心に構成しています。●記事には不完全な記述や解釈の相違が含まれる場合があり、再現性・正確性を保証するものではありません。旅行に際してはオフィシャルサイト・現地案内などで最新情報を確認願います。●本サイト利用による不利益やトラブルについて当方は一切責任を負いません。●本サイトへのリンクはフリーです。●筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

画像について

●サイト上の画像は、ディズニーリゾート「皆様の笑顔と安全のために」・関連施設の規約を遵守した筆者撮影の画像および法令に基づく引用画像を使用しております。なお、肖像権に配慮し一部画像には処理を施しています。●画像に含まれるキャラクターなどの知的所有権はディズニーに帰属します。●これら画像に含まれる権利関係などの性質上、転載・二次利用・印刷・配布などはご遠慮ください。
PAGE TOP