%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%a7%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%83%89%e3%83%ac

サービス

ディズニー・マーカンタイルで販売しているドレスやシューズの価格は?

3歳から小学6年生までの女の子がディズニープリンセスに変身できるおなじみの「ビビディ・バビディ・ブティック」ですが、コースを選ぶときに「ドレスはショップで買ったほうがいいの?」「ドレスを買うといくらになるの?」と疑問に思われるパパ&ママも多いのではないでしょうか?

そこで今回はビビディ・バビディ・ブティックのコースやドレスの販売価格(2016年12月現在)について解説してみようと思います。

まずはビビディ・バビディ・ブティックの3つのコースを紹介しましょう。

コース名
(料金)
キャッスル
¥36,720
キャリッジ
¥28,620
クラウン
¥9,180
ヘア
メイク
マニキュア
ドレス&シューズ
フォト

まず、この中で一番人気のコースは『キャリッジコース』です。キャリッジコースには写真撮影は含まれませんが、「キャラクターグリーティングなどで撮影するからスタジオ写真までは…」と思われている方も多いためか、このコースが人気を集めています。

そして、二番人気が『クラウンコース』です。ドレスもシューズも含まれないヘアセットのみのコースが人気の理由は「ドレスの持込み」です。キャッスルコースとキャリッジコースにはドレスとシューズの購入代が含まれますが、「ドレスは前回着たものを使うからヘアセットだけお願いしたい!」と言う方がこちらのコースを選ばれるので実は二番人気なんですね。

正直、ドレスを着させるだけならパパ&ママでも十分対応できますが、ヘアセットに関しては素人では難しいです。特にプリンセスのヘアは付け毛を使用しており、アトラクションを楽しみ、パーク内を走り回っても子供のヘアが崩れないようにするには”プロの技”が必要と言えるでしょう。

ドレスはショップで買う必要はないの?

ビビディ・バビディ・ブティックの受付でドレスとシューズを選ぶ
ビビディ・バビディ・ブティックではキャッスルコースとキャリッジコースにはドレスとシューズが含まれますのでショップで購入する必要はありません。写真のように当日ビビディ・バビディ・ブティックの受付で希望するドレスとシューズを合わせれば大丈夫です。

ドレスサイズ:100~150cm(10cm単位)
シューズサイズ:15~23cm(1cm単位)

ショップで売っているドレスはいくら?

さて、ビビディ・バビディ・ブティックの予約は激戦なことで有名ですから、「ビビディ・バビディ・ブティックの予約はできなかったけど、ドレスを着させてあげたい!」と言うパパ&ママもいるかもしれません。

そんな時はビビディ・バビディ・ブティックの隣にある「ディズニー・マーカンタイル」でドレスやシューズを購入することができますので、ヘアセットやサッシュ(肩から斜めにかけるピンクの飾り帯)など、ビビディ・バビディ・ブティックでの体験を完璧に再現することは難しいですが、お子様をプリンセスに変身させてあげることができますよ。

ディズニー・マーカンタイルでプリンセスのドレスを購入することができます

ディズニー・マーカンタイルはディズニーランドホテルの1階にあるショップで通常は朝8時から営業しています。ショップはディズニーランドホテルの施設内にありますが宿泊者以外でも利用することが可能です。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%a7%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%83%89
▲ドレスは各種16,200円。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%a7%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%82%b7
▲シューズ各種2,700円。

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ba%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%a7%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e3%81%95%e3%82%8c%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e3%82%a2
▲ネックレス3,900円。

ネックレスなどのワンポイントアクセサリーは楽天市場やamazonなどのショップでも事前に購入することが可能ですが、個人的にあったらいいアイテムはプリンセスの子供傘ですね。

時期によって降水量は異なるもののディズニーリゾートがある千葉県では雨が年間約101日(2014年)も観測されていますから、雨対策は考えておいた方が良いでしょう。もちろん、急な雨でもディズニーリゾート内の各ショップで傘や雨具を購入することは可能ですが、せっかくのプリンセスですので雨が心配される日は雰囲気を損なわない傘をあらかじめ用意しておいたほうが良いと言えます。

そして、忘れてはいけないのが冬場の防寒対策です。

経験則では気温が10℃と低くても風がなければ日中はインナー(シャツ)とドレスで十分過ごすことが可能です。しかし、15℃と比較的暖かくても風が強い日・気温が10℃を下回る日・夜間は子供用のファー(ケープ)を用意したほうが良いでしょう。

%e3%83%9e%e3%83%bc%e3%82%ab%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%81%a7%e3%82%82%e5%ad%90%e4%be%9b%e7%94%a8%e3%81%ae%e3%83%95%e3%82%a1%e3%83%bc%e3%83%bb%e3%82%b1%e3%83%bc%e3%83%97
▲マーカンタイルでもプリンセス用のファーは販売されていますが、丈が短いボレロタイプですから、個人的には全身覆われるロングタイプのファーがおすすめです。

まとめ

ビビディ・バビディ・ブティックでキャッスルコースとキャリッジコースを利用するときはドレスとシューズは含まれていますから購入する必要はありません。

しかし、「予約はできなかったけどプリンセスに変身させてあげたい!」と言う時は、ビビディ・バビディ・ブティックを利用したことを示すサッシュやヘアアイテムはありませんが、ショップでドレス・シューズ・靴下などを購入することができますのでプリンセスを体感させてあげることは可能ですよ。

あと、ビビディ・バビディ・ブティック利用者の方でドレスやシューズサイズが無い場合はクラウンコースになるそうですので、あらかじめブティックで確認されることをおすすめします。

※最終更新2016.12.03





Profile

Disney大好きの仲良し姉妹みゆ&みさです♪
このサイトでは家族旅行のときに役立つ情報をサービス業マネジメント職出身で生真面目な理系パパが解説していきます。ただ、ビジネスライクのパパなので現実目線の記事も混ざりますのでご容赦を…

免責事項

●このサイトでは家族旅行を楽しむことを目的として、個人の私見・体験談・インターネット上の情報を中心に構成しています。●記事には不完全な記述や解釈の相違が含まれる場合があり、再現性・正確性を保証するものではありません。旅行に際してはオフィシャルサイト・現地案内などで最新情報を確認願います。●本サイト利用による不利益やトラブルについて当方は一切責任を負いません。●本サイトへのリンクはフリーです。●筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

画像について

●サイト上の画像は、ディズニーリゾート「皆様の笑顔と安全のために」・関連施設の規約を遵守した筆者撮影の画像および法令に基づく引用画像を使用しております。なお、肖像権に配慮し一部画像には処理を施しています。●画像に含まれるキャラクターなどの知的所有権はディズニーに帰属します。●これら画像に含まれる権利関係などの性質上、転載・二次利用・印刷・配布などはご遠慮ください。
PAGE TOP