「白雪姫と七人のこびと」がホーンテッドマンションより怖いって本当

トリビア

「白雪姫と七人のこびと」がホーンテッドマンションより怖いって本当?

ディズニーランドでメルヘンチックなアトラクションが集まる場所と言えば「ファンタジーランド」ですよね。「ピーターパン空の旅」「キャッスルカルーセル」「イッツ・ア・スモールワールド」など子供たちに人気のアトラクションが集まります。

このファンタジーランドの中で一番怖いアトラクションと言えば、999人の幽霊が住む「ホーンテッドマンション」が一番有名なのですが、実はホーンテッドマンション以上に「不気味で怖い」と言われるアトラクションがあるのはご存知ですか?

それが…

ホーンテッドマンションを超える怖さの白雪姫

『白雪姫と七人のこびと』です。

「えっ! 白雪姫が怖いの?」と驚かれる方も多いと思いますが、原作はもともと怖い風潮で描かれた作品ですから怖いのも何となく理解できます。

メルヘンな要素はゼロ!?

さて、「白雪姫」と聞くと、「毒りんごによって眠った白雪姫は王子の口づけにより目を覚ましました…」と言うファンタスティックなストーリーが広く知られていますよね。

そのため、何も知らずアトラクションに乗ろうとするゲストはこのファンタスティックなストーリー展開を予想するのですが、白雪姫は日本で言う”お化け屋敷”のような怖いイメージで制作されたアトラクションなので、いきなり登場するのは暗闇の中で毒りんごを作る魔女。その後も、放置されたガイコツ、鳴り響く雷、不気味な森を進んでいく小人、とファンタスティックと呼ぶにはあまりにかけ離れた展開に子供だけでなく大人もビックリしてしまいます。

それもそのはず。

アメリカのディズニーランドではこのアトラクションは「白雪姫の恐ろしい冒険(Snow White’s Scary Adventures)」と呼ばれていおり、”怖い冒険の旅”を白雪姫の目線で楽しむことをコンセプトにして作られているのでメルヘンの要素はほとんどないんですね。

白雪姫は怖いアトラクションであることの注意書き

そのため、アトラクションの入口には「怖いアトラクションですよ!」と言う注意書きがされています。同じ怖いアトラクションでも、「ホーンテッドマンション」は建物をはじめスタンバイの段階から不気味さが演出されているので、怖いアトラクションであることは誰でも想像できるのですが、白雪姫に対して怖いイメージを持つゲストは少ないため、こういった注意書きがあるわけですね。

ただ、この「白雪姫と七人のこびと」に関してはどのパークもアトラクションのコンセプトは一緒なのですが、パークによってエンディングに差があります。実は、東京ディズニーランドの白雪姫は”怖さ”をコンセプトにしているので物語の途中でアトラクションは終わっているのですが、パリのディズニーランドでは王子様によって助けられるハッピーエンドまでしっかり再現されていますので、「東京ディズニーランドの白雪姫は世界のパークの中でも怖さが際立っている」とも言われています。

「白雪姫」と聞くと子供たちは喜んでアトラクションに走っていくと思いますが、イメージとは異なる視点で描かれていますので、子供連れに限らずファンタスティックな展開を求めているカップルもご注意くださいね。

…と言いつつも個人的には「王子様と幸せに暮らしましたとさ」と終わったほうがしっくりくる気がするのですがいかがでしょうか?





Profile

Disney大好きの仲良し姉妹みゆ&みさです♪
このサイトでは家族旅行のときに役立つ情報をサービス業マネジメント職出身で生真面目な理系パパが解説していきます。ただ、ビジネスライクのパパなので現実目線の記事も混ざりますのでご容赦を…

免責事項

●このサイトでは家族旅行を楽しむことを目的として、個人の私見・体験談・インターネット上の情報を中心に構成しています。●記事には不完全な記述や解釈の相違が含まれる場合があり、再現性・正確性を保証するものではありません。旅行に際してはオフィシャルサイト・現地案内などで最新情報を確認願います。●本サイト利用による不利益やトラブルについて当方は一切責任を負いません。●本サイトへのリンクはフリーです。●筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

画像について

●サイト上の画像は、ディズニーリゾート「皆様の笑顔と安全のために」・関連施設の規約を遵守した筆者撮影の画像および法令に基づく引用画像を使用しております。なお、肖像権に配慮し一部画像には処理を施しています。●画像に含まれるキャラクターなどの知的所有権はディズニーに帰属します。●これら画像に含まれる権利関係などの性質上、転載・二次利用・印刷・配布などはご遠慮ください。
PAGE TOP