シアター系アトラクションの扉がすべて外開きの理由とは

トリビア

シアター系アトラクションの扉がすべて外開きの理由とは?

ディズニーランドでは「ミッキーのフィルハーマジック」「カントリーベア・シアター」「スティッチ・エンカウンター」など多くの”シアター系”アトラクションが存在します。

そんなシアター系アトラクションは一度に多くのゲストがシアターで楽しむことになるので、ゲストの安全に配慮して「ドアは外側に向かって開く」と言うルールが建物に適応されているのはご存知ですか?

シアター系アトラクションのドアは外開き

フィルハーマジックなどシアターへの入場を待っていると「ドアはみなさんに向かって開きますのでキャストの案内があるまでお待ちください…」と言うアナウンスが流れます。普段、何気に聞き流しているアナウンスですが、よく考えてみると人が待っている側からシアター内に向けて開くドアだと導線的に良いと思うのですが、ディズニーにあるシアター系のアトラクションはすべてシアター側から外側に向かってドアが開くようになっています。

それはなぜでしょう?

法律が関係していた!?

答えは、「非常時にすぐ逃げられるようにするため」だからです。

もし、火災などが発生したときドアがシアター内に向けて開くと逃げにくいですよね。そのため、ドアは外側に向かって開くようになっているのです。

「さすが安全第一のディズニー!」

と言いたいところなのですが、実際は火災予防条例準則(消防法)や、建築基準法施行令(建築基準法)で定められているのです。

第125条 2.劇場、映画館、演芸場、観覧場、公会堂又は集会場の客用に供する屋外への出口の戸は、内開きとしてはならない。

(建築基準法施行令)

ちょっと現実的な話になってしまいましたが、こういった防災対策もしっかり遵守しているディズニーランドですので、ゲストは安心して楽しむことができるわけですね。





Profile

Disney大好きの仲良し姉妹みゆ&みさです♪
このサイトでは家族旅行のときに役立つ情報をサービス業マネジメント職出身で生真面目な理系パパが解説していきます。ただ、ビジネスライクのパパなので現実目線の記事も混ざりますのでご容赦を…

免責事項

●このサイトでは家族旅行を楽しむことを目的として、個人の私見・体験談・インターネット上の情報を中心に構成しています。●記事には不完全な記述や解釈の相違が含まれる場合があり、再現性・正確性を保証するものではありません。旅行に際してはオフィシャルサイト・現地案内などで最新情報を確認願います。●本サイト利用による不利益やトラブルについて当方は一切責任を負いません。●本サイトへのリンクはフリーです。●筆者への連絡はこちらのフォームをご利用ください。

画像について

●サイト上の画像は、ディズニーリゾート「皆様の笑顔と安全のために」・関連施設の規約を遵守した筆者撮影の画像および法令に基づく引用画像を使用しております。なお、肖像権に配慮し一部画像には処理を施しています。●画像に含まれるキャラクターなどの知的所有権はディズニーに帰属します。●これら画像に含まれる権利関係などの性質上、転載・二次利用・印刷・配布などはご遠慮ください。
PAGE TOP